083901
舞矢の写真日誌
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

無題 投稿者:xpxbwedu 投稿日:2017/10/18(Wed) 08:31 No.6794 ホームページ   

無題 投稿者:hdwjredu 投稿日:2017/10/18(Wed) 08:28 No.6793 ホームページ   

川瀬巴水展 投稿者:舞矢 投稿日:2017/10/12(Thu) 21:43 No.6504   
二子玉川の玉川高島屋で開催の「川瀬巴水展」に行ってきました。

デパートの催事場での展示なので、少し窮屈でしたが、総点数140点余り、
戦前の良い時期の作品や、版下絵を作るための水彩画も何点か出ていて楽しめました。

巴水の生前、製作の様子などを収めたDVDを売っていたので、4000円もしたけど
買ってしまいました。。(^^;


Re: 川瀬巴水展 - 舞矢 2017/10/12(Thu) 21:52 No.6505

この日は、原宿の太田記念美術館で「北斎展」も見て、美術館のハシゴでした。

お昼ご飯は表参道の千疋屋さんで、フルーツサンド。
これが大好物でして、、。(^^ゞ
普通、フルーツサンドて、甘い生クリームを使ってますが、千疋屋さんのは
あっさりしたサワークリームで、めちゃ美味しいです。




Re: 川瀬巴水展 - HONEY 2017/10/17(Tue) 14:39 No.6754
DVD、巴水展でいつも放映している画像ですよね? 音声はひどいけど、巴水の姿とかスケッチの様子がわかるので、いいですね。
巴水展、以前立川の高島屋でもやっていたので、どこかの画廊とのタイアップ企画かも。

私は、15日にすみだ北斎美術館と三井記念美術館、こちらもハシゴでした(^^



Re: 川瀬巴水展 - 舞矢 2017/10/17(Tue) 21:57 No.6767

HONEYさん、ご無沙汰です。

DVDは、浮世絵はじめ日本美術を紹介している、オランダの Hotei Publishing の制作で
昭和30年代前半に撮影された記録映画の再編集版だそうです。
当時、国内でカラーフィルムの現像が出来なくて、外国で現像されたとか。
渡邊版画さんの倉庫で、文字通り「お蔵」になっていたフィルムが、数年前に発見されたとの事です。

巴水自身の作画の様子なども貴重ですが、当時の彫、摺の技術が凄いです。(^^;


奥入瀬・十和田 投稿者:舞矢 投稿日:2017/10/08(Sun) 12:35 No.6435   
紅葉狩りに行ってきました。

青森駅前から十和田湖に抜ける「八甲田・十和田ゴールドライン」をJRバスが走っています。

八甲田連邦の裾野にある「睡蓮沼」です。
中央に見えるのは八甲田連峰の硫黄岳、向かって右は最高峰の八甲田大岳です。
この路線のピークに近く、紅葉が盛りでした。
お天気がわるくて、無念です〜〜。(^^;


Re: 奥入瀬・十和田 - 舞矢 2017/10/08(Sun) 12:36 No.6436

十和田湖畔。小雨でした。




Re: 奥入瀬・十和田 - 舞矢 2017/10/08(Sun) 12:38 No.6437

雨宿りに入った、湖畔の喫茶店。
平日の午前中で、今日初めてのお客だとか(笑)。
コーヒー、美味しかったです。




Re: 奥入瀬・十和田 - 舞矢 2017/10/08(Sun) 12:43 No.6439

蔦の紅葉が見事ですが、ジツは廃屋だそうで、、

十和田湖畔には、コンビニも集配に来てくれないので、お店ができないそうです。
今どき、コンビニもない所は、ちょとツライかも?




Re: 奥入瀬・十和田 - 舞矢 2017/10/08(Sun) 12:45 No.6440

湖に、オオバンの群れがいました。
1羽だけ、ホシハジロ(頭の茶色い鳥)が混ざってます。




Re: 奥入瀬・十和田 - kaya 2017/10/10(Tue) 00:31 No.6464
廃屋が美しすぎますね@@


Re: 奥入瀬・十和田 - 舞矢 2017/10/10(Tue) 09:28 No.6465

kayaさん、こんにちは。

廃屋は、ホテルだったそうです。(^^;

十和田湖畔、景色が良くて静かでいい所ですが、青森の市街地から山越えで2時間半。
今の時代、少し不便かもしれません、、


春信展 投稿者:舞矢 投稿日:2017/09/30(Sat) 17:04 No.6410   
千葉市美術館で開催中の、鈴木春信展に行きました。

千葉市美での春信展は15年ぶりとの事ですが、ジツは15年前の展覧会にも行ってます。(^^;
春信の絵だけに関して言えば、前の方が充実していました。

今回は前回とは少し見方を変えて、春信と同時代の絵師や時代背景なども
展望する企画になっています。
それなりに面白かったですが、春信だけだと絵が足りないのかしら?と、イジワルな感想(笑)。

春信の絵柄て、中性的なのに変な色気があり(笑)私は何気に惹かれます。
まあ、大好きな小村雪岱がお手本にした絵師でもあるし。^^

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -